人生の曲がり角

新宿生まれ新宿育ち、ノリで沖縄移住。フリーライター。

ピットブルより優しく穏やかな犬はいない。

こんばんは、Stella Leeです。

最近のマイブームは夜な夜なオンラインゲームで、Googleの英語翻訳を使いながら各国の人たちと会話を楽しむこと。

日本語にある言葉が英語にはなかったり、翻訳の言葉を会話の流れで解釈したり。

言葉ってのは、こんなに面白いものかと感じておりまする。

 

さてさて、今まで私の思いみたいなものを書いてきましたけど、最近悩んでることがあって。

私は人に相談をするタイプじゃなくて、悩んで決めたら「報告」だけをする人なので、ある程度落ち着いたらまたそれも書こうと思います。

 

そこで今回は、我が家の愛犬を紹介しようかなと。

 

我が家には世界で1番人を襲ってる、ピットブルという犬がいます。

 

f:id:Stella-Lee:20170817232019j:image

 

人を襲ってるって言っても、ほとんどの理由は人間側にあるんですけど、世界のいろんな国で飼育が禁止されてたり外に出すには口輪をしろとか、リードは何センチとか細かく決められちゃってるわんちゃんです。

 

この子に出会ったのは、移住して1週間後のことでした。

まだ働いてなかった私は掲示板を毎日見ていたんだけど、そこにこの子が里親募集として出されていました。

 

募集を出していたのは娘さんで、70を過ぎた両親が飼うにはあまりにも力強く、散歩も行けずにしつけも虐待まがいのようで、誰か助けてくださいという内容でした。

 

居ても立ってもいられずに連絡して、初めて会ったその日に連れて帰ってきました。

1年間ろくに散歩もしたことがなかったので、少しでもストレス発散になればと5時間かけて歩いて帰ってきたのは良い思い出。

 

外の檻の中で生活してた彼女は、ソファーに座ることも戸惑っていたし、布団のフカフカした感触も不思議な顔をして体験していました。

初めて行く海や、自由に走り回れる庭、美味しい馬肉や鹿肉、1ヶ月後にやってくる妹分など、たった半年でたくさんの経験をさせました。

 

心優しく穏やかで、誰よりも寂しがりや。

人が大好きで、誰彼構わず遊んでと言う。

 

それでも筋肉質な見た目とオレンジ色の鮮やかな瞳、そして真っ黒の身体は散歩をする度に「怖い」「噛まれる」「危ない」「近寄らせるな」と言われます。

 

確かにピットブルは、たくさんの人間を襲いました。その中には亡くなった人もいるし、障害を抱えながら生きている人もいる。

 

だけど、その多くは犬という生き物を舐めてかかった人間側の問題であって、多くのピットブルは飼い主を守るために持ってるものを武器としただけ。

 

私は彼女に出会うまでピットブルという犬種を知らなかったし、彼女のことを記事にするまで人をたくさん襲ったことすら知らなかった。

飛びついてくれば1メートル以上はあって、筋肉の塊だからパワーも半端じゃない。

甘噛みでも骨がゴリゴリ鳴るし、次の日はアザだらけ。

 

でもアメリカではセラピー犬として活躍するほど、穏やかで我慢強い。

ちょっとやそっとの事では怒らないけれど、怒らせたら怖い。

それを良いことに調子に乗る人間は、対人間であってもたくさんいますよね。

 

f:id:Stella-Lee:20170817233558j:image

 

ただ散歩してるだけなのに、ただ仲良く歩いてるだけなのに、思ったことを口に出されるのはすごく傷付く。

触れ合ったこともない人に、見た目だけで悪く言われるのはとても辛い。

 

彼女の名前は、伊良部島の方言で「良い女」という意味の「ザウミドゥン」

ザウには「門」という意味もある。

 

彼女を通じてたくさん仕事を頂けたし、彼女がいるから沖縄で頑張れる。

 

出会わせてくれた前の飼い主さんや娘さんに、感謝感謝です👐🏽

 

ライター歴5ヶ月、私の取材に対するポリシー。

なんだかパソコンの調子が悪いので、スマホから初ブログ✍🏾

こんにちは、Stella Leeです。

切羽詰らないと動かない私ですが、最近やたらと「え、やれば出来るじゃん!」と自分を見直す機会があります。

やれば出来る前にやればいいんですけど、まあそこはどうしようもない人間なので。笑

 

フリーライターの皆さん、ライターとジャーナリストの違いって何か説明出来ますか?

私は結構曖昧で、正直違いが分かりません。

ライターもジャーナリスト同様に、取材に行って記事を書いてインタビューもする。

個人的に1番違いが出るのは「取材先」なのかなと思います。

 

ということで今日は、ライターとしての私の取材に対するポリシーをお話ししましょう。

 

私は沖縄県に住んでるので、よく観光地や有名どころの取材を頼まれます。

需要もあれば単価も高く、良い案件ではあります。ですが、一切受けません。

 

f:id:Stella-Lee:20170808174215j:image

 

それの何が面白いですか?

 

観光地や有名どころなんて、今更取材に行かなくても似たような記事は幾らでも出回っています。

そのどれもが同じような言葉で書かれていて、違いは写真の撮り方くらいでしょうか?

言い方悪いですけど、自ら呼ばなくても観光客の方から勝手にくるほど有名な場所を記事にして、何が面白いですかね?

 

需要があるのは百も承知です。

インスタ映えという言葉が出てきてからは、より重要視されるであろうことも分かってます。

でも同じ場所ばかり盛り上げて、何になるんですか?

 

私が取材に行ったのは、地元のお客さんだけを相手にして40年間細々と続けてきた、最高のハンバーグが置いてあるお肉屋さん。

または沖縄のジャンクフード文化に警笛を鳴らして、微生物入りの味噌で沖縄を健康にしようとしてる4人のママのシングルマザー。

家族を養うために始めた花屋を4店舗にまで増やし、移住者に裏切られてもなお「偏見を持ってはいけない」と移住者を雇って沖縄を好きになってもらいたいと話す花屋のオーナー。

 

本当の沖縄って、凄い温かくて面白い人がたくさんいるんです。

 

米軍さんに混じって上裸でダンスを踊る70過ぎのおじいほど、沖縄を感じられる人はいないし、右も左も1回アメリカンビレッジに会いに行った方がいい。

英語はペラペラ、体はムキムキ、いつも上裸でノリノリ、常に酒臭くて方言と英語で何言ってるか分からないけど、あんなにハッピーオーラを出してる人はいない。

 

そんなおじいの隣で韓国人の留学生が、マイマスクをして看板を持ち「私は過去に何があったとしても日本が大好きだし、沖縄を愛してる!だから僕にフリーハグを!」というのを目にしたとき、泣きそうになった。

彼の元にたくさんの人が集まってバクをしてることが、沖縄の素晴らしさであって、理解できない方言で愛を伝えるおじいが、沖縄の温かさ。


泣きながらつたない日本語でありがとうを言って、そんな韓国人の彼にビールをおごる米軍さん。

それを見て最高のスマイルで踊るウチナンチュのおじい。

これが本当の沖縄で、観光地にも有名どころにも無いもの。

 

私は自分が共感できないことはしないし、行かないし、書かない。心が揺れるような沖縄が好きで、金儲けのための沖縄には興味なんかない。

 

海がキレイなのも、観光地が楽しい場所なのも、人気のお店が美味しいのも知ってるよ。

だってみんながそう言ってるんでしょ(笑)

 

私は誰かのために戦ってる人間を助ける。

そのためにしか取材はしない。

誰のためにもならない取材なら、いくら貰ってもやらない。

観光地や有名どころの取材はもう誰のためでもなく、お金のためでしかない。クソくらえ!

 

それがフリーライター5ヶ月、ペーペーな私のポリシー!笑

私は正直、沖縄に興味がないのに移住した。

こんにちは、Stella Leeです。

さっき妹からプレゼントが届き、仕事を一旦中止してコーヒータイムをしています。

仲が悪かった姉妹ですが、お互い社会人になってからは親友と呼べるほど仲良しです。

 

さてさて、題名にも書いた通り私は正直、沖縄に興味がありません。

じゃあなんで移住したの?興味がないのにわざわざ沖縄?と思われるかもしれませんが、私はただの引っ越し好きで思い立ったら吉日!行動力のあり過ぎる女なので、特に沖縄に思い入れがあって引っ越してきたわけではありません。

 

f:id:Stella-Lee:20170807130817j:plain

 

25年生きてきて20回以上の引っ越しを関東でしましたが、その関東にも飽きたので沖縄に来た「だけ」です。

特に意味もなければ理由もないし、思い入れなんてもっとない。

沖縄に旅行するくらいなら海外に行こうよ!って感じだったので、沖縄旅行をしたこともなければしたいとも思ってない。

沖縄が大好きで大好きで移住した人とは違って、私は世界にたくさんいるであろう「好きな場所で寝泊まりして、また好きな場所に移動する人」の1人でしかありません。

 

だから沖縄で死ぬつもりもなければ、沖縄が最終地点だとも思ってない。

まだまだ行きたいところもやりたいこともあるから、あくまでも通過点に過ぎません。

 

でも1つだけ分かってほしいのは、そのくらいの気持ちでも移住できるよってこと。

移住を決めてからも移住してからもよく聞く「仕事があればね、家があればね」という言い訳。

まあそんなことを言ってる人は一生移住しないのは分かってるんですけど、とりあえず行っちゃおう!とりあえずやっちゃおう!という勢いだけで人生なんとかなります。

 

だってさ、子どもの頃って根拠のない自信に満ち溢れていたでしょ?

なんか分かんないけどやれる!なんか分かんないけどいける!って。その根拠のない自信が実はとっても大切で、経験と共に失われていくもの。

童心を忘れていない人はこの根拠のない自信に満ち溢れているからこそ、輝いて見えたりする。

 

f:id:Stella-Lee:20170807130822j:plain

 

みんなー!もったいないよー!人生は1回しかないんだよー!

沖縄に興味もなければ好きでもない私が思い付きだけで移住してるのに、本当に好きな人に限って言い訳で自分の道をふさいでるんだよー!

 

私が目指す最終地点は「マダガスカル島

大好きなカメレオンがたくさんいるからね、それだけ。それ以外には興味なし。

カリブ海にも住んでみたいし、アフリカにも住んでみたい。

ただ引っ越しの私なりのマイルール「その街を理解するまでは絶対に出ない」が果たされるまでは、しばらく宜野湾市民として生活させてもらいます😂

 

 

儲かる転売屋と儲からない転売屋の違いは?

こんばんは、Stella Leeです。

最近、私がハマっているサイトがあって、今日はそのサイトについてお話ししようかなと思います。

 

私は14歳のときから2ちゃんねるを始めて、今年で12年になります。

かれこれ300人近いねらーと会ってきたのですが、今でも付き合いのある人もいたりなんかして2ちゃんねるは私の青春でもあります。

 

そんな2ちゃんねるで知り合った人が自営業をしているのですが、副業で「転売」をしています。

その仕入先であるサイトを教えてもらったのがきっかけで、私がドはまりしてしまいました。

 

f:id:Stella-Lee:20170806213436j:plain

 

そのサイトは某フリマアプリで転売している人たちも仕入れに使っているサイトなのですが、元値数百円の洋服に10倍近い値段が付いているわけです。

元々の値段は知らなかったので何とも思わなかったのですが、そのサイトを知ってからは「これは儲かるよな」と驚き。

 

ですが、それ以上に転売屋さんの苦労が分かりました。

まずめちゃめちゃ安く買える代わりに「届かなくても知らない」というリスクがあります。仕入れは海外からなので、その道中で紛失されても泣き寝入りするしかありません。

また海外といっても国はバラバラで、下手すれば何か国も経由して届くものもあります。そうなると2週間ではきかず、1ヶ月近く経ってようやく届くこともあるのです。

 

売れる見込みのあるものをまとめて買い、届くのは1か月後。

流行りや市場の流れ、顧客層など一般的な「仕入れのプロ」と何ら変わらない目をもってなければ儲かることはありません。

 

私は興味本位で見始めたそのサイトが面白いほど安いので、先を考えて1ヶ月後でもいいようなものを買っているのですが、これを仕事にしようと考えたら正直、私にはやれません。

自分の欲しいものを買うためだから楽しく買い物出来ますが、これが仕事ならちょっとどころじゃなくしんどいかな。特にマーケティング能力を問われるという意味では、転売屋さんにも儲かる人と儲からない人の特徴があるんだろうなと感じました。

 

f:id:Stella-Lee:20170806213430j:plain

 

最初にそのサイトで購入したときは「質に問題がなかったら転売してみようかな?」と思いましたが、今は自分が楽しむだけでOKです。

そんなことをしていたらライター業がおろそかになりそうなほど(笑)転売屋さんの苦労を垣間見ることが出来ました。

 

ちなみに、オシャレに興味のある人。

絶対そのサイトで買い物した方がいいよ。届くの遅いけど、こんなに買って5000円なの?!ってレベルだから。笑

フリーライターとしての、在り方。

こんばんは、Stella Leeです。

毎日書くぞ!と意気込んでいたブログも久しぶりになってしまいました。

仕事が立て込んでおりまして…という言い訳は早々に、そんな間にも色々と思うことがありました。

 

私の人生の「なんで?」シリーズも大まかに話し終わりましたが、今回は「ライターとしての在り方」を話したいと思います。

まだフリーライターになって半年だろ!と思っているそこのあなた、半年だからこそ話せることもあるのです。むやみに若い芽を摘むのはよくありません。

 

 

さてさて、私がライターになって初めていただいたお仕事は、記事の構成・企画・写真撮影に選定・取材にリンク貼り・そしてリンクの交渉と、全部やって単価1200円でした。

経費等はなく、今考えれば明らかにマイナスですが、当時の私は初月から30本以上も任せてもらえる!とウキウキで仕事を引き受けました。

 

が、しかし。とーーっても多忙なわりにお給料が3万円~4万円の世界。

申し訳ないですが、これじゃ食べていけません。

仕事を増やしたくても上記の業務内容じゃ増やすにも増やせない・・・。

クライアントの言っていた「今後ライターさんも徐々に増やしますので」という一言を信じて、数ヶ月頑張りました。

でもやっぱり限界が来て、来月で契約終了となりました。

 

そこで今月から少しずつ新しい仕事を探しているのですが、ふと疑問に思いました。

「もしかして今、食べるために働いてない?」と。

 

f:id:Stella-Lee:20170805221007j:plain

 

雇われていたとき、自分のプライベートを仕事のシフトを軸に決めるのが嫌で嫌でたまりませんでした。

毎月何百万というお金を稼いでも、仕事のシフトを見ながら自分のプライベートを決めていくこの「順番」に嫌気が差していました。

 

ところがよく考えたら今も同じことをしている。

働いて食べるんではなく、食べるために働いている。これってなんのためにフリーになったの?と。

 

自分をブランディングする難しさだったり、やり方・書き方の確立がまだ出来てなかったり、改善点はたくさんあります。

ブログを毎日続けよう!と決めたのもそのうちの1つです。

ということで、働き方を変えます。

自分の軸にしたいものと、1歩先でこうありたいという姿に向かって仕事をしていきます。

 

会社という盾もなければ看板もない。

でもなんでだろ、それがまたワクワクする要素だったりします。

「好きなことを好きなだけ、好きな人と好きな場所で」

食べていくことを考えるあまり、そんな大切なことも忘れていました。

 

あー!旅に出たい!!笑

 

 

なんでキャバクラで働いたの?

こんにちは、Stella Leeです。

 

やって参りました、第4弾の「キャバクラ編」スタートです。

 

■してもらうことより、してあげることに目を向けて。

続きを読む

なんでホームレスになったの?

こんにちは、Stella Leeです。

 

私の数奇な人生における「なんで?」シリーズも第3弾に突入しました。

 

順番でいくとキャバクラで働いていたことを先に書くのですが、その話はかなり長くなるので先にホームレス生活をお話しします。

 

■本当に必要なものはそんなに多くないという、気付き

続きを読む