人生の曲がり角

新宿生まれ新宿育ち、ノリで沖縄移住。フリーライター。

ライターを一旦休みます。

こんばんは、Stella Leeです。

 

ここ数ヶ月、私の中で「このままで良いのだろうか」という葛藤がありました。

歌舞伎町や福富町のような街に住んできて、今は沖縄の普天間基地の目の前に住んでいる。

そんな中で「ニュースにはならない、誰も知らない本当の日本を知ってほしい」と思ってライターになったのに、書くことを望まれるのは「みんなの知りたいと思う日本」だけで「本当のことを書くのはいけないこと」のように言われる。

 

私は何のために記事を書いて、いったい誰のためになるものを作っているの?

という葛藤にさいなまれていました。

 

f:id:Stella-Lee:20170904174820j:plain

 

そして思い切って、仕事を減らしました。というより、ゼロです。

仕事としてやりたいことや伝えたいことが成り立たないのなら、いっそ辞めてしまえばいい。誰に頼まれたわけでもなく、ただ自分の見聞きした世界をブログに書くだけならいくらでも出来る。

しばらくはこの路線でいきます。

 

でもこのままでは無職みたいなものだし、ご飯が食べれない。

どうしたものかと思っていたところで、事務仕事を手伝ってくれないかと知り合いから声を掛けてもらいました。

 

持つべきものは経験だ、と個人的には思います。

でも不思議と仕事が切れず、食うに困ったことは人生で1度もありません。

協調性は皆無で、病気かと思われるぐらい1人でいるのが大好き。

友達と遊びに行くのも年に1回あるかないかの私ですが、なぜか人からよく頼みごとをされます。

そしてその全てのタイミングが、見計らったかのうようなタイミングなんですよね。

 

事務仕事の経験はないけど、キャバクラで培ったトーク力と営業力がある。

電話も気難しく考えなければキャラクターを最大限に生かすことが出来ると、キャバクラで教えてもらいました。

パソコンを使う仕事はライターで習ったし、やったことのない仕事でも「今までの経験」を生かせば難しいことはそんなに多くない。

 

私はライターという仕事が好きだし、文字を書くのも読むのも大好き。

でも今はやりたいことが「ライターの中に」見つけられない。

 

だったら無理してやる必要なくない?

 

縛られたくないから個人事業主になって、どこでも働けるようにライターという職を選んだ。

なのに「何かの為に自分を押し殺す」ことは本末転倒だし、だったらこき使われて無心で生きる方がよっぽどまし。

 

10か0でしか物事を考えられない私はきっと損しているし、もっともっと上手くやる方法はいくらでもあるんだと思う。

でもこの生き方が好きで、この生き方だから毎日を心の底から楽しめてる。

 

私だけの見てきた世界や生きてきた世界があるから、それが形になるまで、やりたくないことは徹底してやらない。

だって人生1回なんだから、どうせいつか死ぬのに「楽しくない」思いをする必要はない。

 

しばらくライター休みまーす!

この「やりたいこと」に応えてくれる人は必ずいるから、その人に出会うまで叫んで叫んで叫んで、アピールし続けます!