人生の曲がり角

新宿生まれ新宿育ち、ノリで沖縄移住。フリーライター。

メンターは岡本太郎

憧れてる人とかこの人になりたいって人は、昔からいません。

小さい頃にセーラームーンになりたかった以外は今の今まで、誰かに憧れたことは1度もない。

 

だけどメンターと呼べる人が2人いて、1人は会ったこともないし死んじゃってる。

私は彼の書いた本しか読んだことないし、美術館に行ったこともないし、行きたいとも思わない。

でも彼の生きてきた情熱的な日々が私に刺激をくれて、弱ってる私に「そんなことでつまずくぐらいなら止めちまえよ(笑)」とあざ笑ってくれるコンパスみたいな人。

 

それが岡本太郎

 

f:id:Stella-Lee:20180109144304j:plain

 

ずっと名前は知っていたけど、絵を見たことも調べることもなかった。

興味がなくて知りたいとも思わなかったけど、新宿でホームレスをしていた頃これで人生終わりかなと思うようなことがありました。

 

お金はあったけど、お金を使って何かするのは私のホームレスとしての生き方に反していた。

だから食料も寝床もその日に自力で探すのが信念だったけど、そう上手くいかずに度々死にかけてました。

 

その日は本を買うかご飯を買うか迷って、ブックオフに行った。

空腹よりも退屈の方がずっと退屈で辛い。

 

そこで目に留まったのが、岡本太郎の「自分の運命に楯をつけ」でした。

 

それまでの岡本太郎のイメージは「狂ったおっさん」でしたが、読み終わった後も「狂ったおっさん」でした。笑

 

でも「平気でいろ」という一文は今の私へのメッセージのような気がして、それから気が狂ったように岡本太郎の本を読み漁りました。

 

お腹が空いた。寝る場所もない。酔っ払いに絡まれて、話し掛けられればそのほとんどは援助交際のお誘い。

食べられる雑草を見つけても調理器具も調味料もないから、食べられるものも食べられない。

エサを貰っている野良猫よりひどい生活を送っていたものの、やめればいいじゃん!という友人の言葉には耳も貸しませんでした。

 

そんな毎日を悲観したことは1度もないし、好きでホームレスを始めて好きなことで死ぬならそれが本望だし、食べられなくても寝れなくても、刺激的でパワフルな、崖の淵を歩く毎日が愛おしくてたまりませんでした。

 

そう思えるのは岡本太郎のおかげで、今も軸がブレてるなと思ったときは必ず彼の本を読みます。

叱咤激励されているような、軸のブレた私を良い意味であざ笑ってくれるような、そんな気持ちになります。

 

私は彼の生み出す言葉が好きなだけで、彼の書く絵や美術品には興味がありません。

記念にと思って彼のコレクションを購入しようかと思いましたが、お金を出して彼の作品を集めることを岡本太郎はよく思わないでしょう。

 

1度でいいから会いたかったな、というのが私の人生で唯一の心残りです(笑)