人生の曲がり角

元キャバクラ嬢が教える「嫌われる男の特徴」

おはようございます。

 

気付いたら8月も終わり、セミの鳴き声もだんだん聞こえなくなってきました。

少し涼しくなると、寂しさを感じるのはなんなんでしょうね。

 

f:id:Stella-Lee:20180828143952j:plain

 

さて、なにがバズったのかTwitterからの流入Googleが抜きました。収益化とは無縁で運営してきたこのブログも、ついに稼ぎ時が来たか!と目をギラギラさせています。

 

そしてトップアクセス数を誇るのが、まさかの「なんでキャバクラで働いたの?」

 

stella-lee.hatenablog.com

 

「へーそこなんだ」というのが正直な感想で、先月までライターに関する記事がトップアクセスだったのに、なにがバズったんでしょうね。

 

そこで、元キャバクラ嬢として「嫌われる男の特徴」をお教えします。

 

パーソナルスペースを理解できない男は、最初の1分で嫌われる

 

キャバクラで体を密着させることはありませんが、隣に座って近い距離でお話しするのが基本です。「近い距離」といっても人にはパーソナルスペースがあるので、初対面でそこへガツガツ入っていくのは同性同士でも「えっ…」ってなることがあるんですよね。

 

でも、モテない男の人は「体の距離感(パーソナルスペース)」を理解していません。どんなにイケメンでどんなにタイプでも、初めましての一言が顔と顔5cmの距離じゃ誰だって引きます。

 

先に言いますが、壁ドンは「好きな人同士でやるから萌える」んであって、キャバクラでやろうものならシャンパンの瓶で引っ叩かれると思ってください。

 

モテない男の人は「可愛い!好き!やりたい!付き合って!遊びに行こうよ!」という、下半身が主導権を握っている状態で話し始めます。そのためにどんどん体が前のめりになって、その分、女の子は後ろへ下がろうとする。

 

そうならないように、なんなら女の子を前のめりにさせるのが、モテる男のやり方なんです。

 

「お前が欲しい」と言うより「あなたが欲しい」と言わせた方が、男として満足感があるでしょう?そのためには前のめりになるのは男側じゃなくて、女側だってことをよく覚えといてください。

 

優柔不断な人と優しい人は、天と地ほど違いがある

 

 

口癖が「決めていいよ、どこでもいいよ、なんでもいいよ」の場合、それは優しさじゃなくて優柔不断なだけです。

 

優しい人は日時も場所もメニューも、複数の選択肢を相手に与えます。その中から「好きなものを選んでいいよ」と言うのです。

 

最初から「いつでもいいし、どこでもいいし、なんでもいいよ、君に合わせるから」というのは、丸投げしてプラン立てしてもらおうという楽したいだけのクソ野郎のやることです。

 

ここで面白いのは、選択肢を与えられる優しい人は当日セックスしなくても不満を口にしません。そして次に会うときも同じようなデートをして、またセックスをしなくてもなにも言わない。それが至極当然のように涼しい顔をして、いつかセックスできる機会を虎視眈々と狙ってる。

 

でもクズ野郎は、丸投げした挙句セックスできないと不満を口にするわけです。

 

やりたいんだよね?抱きたいんでしょ?俺が欲しいって懇願されたいんでしょ?

 

女はレイプされても懇願するほど、弱い生き物じゃない。だけど、相手に愛があると分かれば、男よりバカになってどこまでも溺れられる。そこまで落としたいと思うなら、面倒臭くても時間がかかっても、必ず落としてやるって覚悟くらい決めたらどう?

 

 

物と言葉を雑に扱う男は、総じてモテとは無縁だと言い切れる

 

 

キャバクラにくるお客さんはお金を持ってる人ほど謙虚でクレームを言わず、お金のない人ほど「可愛い子を付けろ」とか「もっと楽しませろ」とか、挙げ句の果てには「俺は客だぞ!」とか言います。

 

そういう男は総じてクズ、モテない、終わってる、くたばれ。

俺は客?冷める、ないない。

 

物の扱いには女の扱いが出るし、言葉の使い方には性格が出る。そのどちらも大切にできないのは人として終わってます。

 

ひとつのものを長く大切に使い続けられる、相手を思いやった言葉選びができる、お店や客という垣根を超えて人として気持ちいい対応ができる。

 

それらのことができないって、モテるとか以前の問題じゃないですかね。

 

セックスに自信がないなら、風俗でご指導を受けて、どうぞ

 

どんなにプライドが高くてどんなに鼻につく男の人も、セックスの話になるとシュンとしてしまいます。ここに男の人の可愛さを感じてしまうんですけど、自信なさげに話す人がほとんどです。

 

遊び好きの男の人はセックスも上手で、相当いいものをお持ちだろうと思うかもしれませんが、実際そうでもありません。外国人は大きいと思ってる人も多いだろうけど、それと同じで大したことない。

 

特段上手なわけでもなく、特別大きいわけでもない。

 

ただ、セックスが上手な男の人は「自分が射精することにこだわりがない」です。あくまでも主役は女の子で「気持ちよくさせてあげたい」から、自分がイくことには無頓着なんですよね。

 

10代の男の子が、抜きたい!出したい!穴があればなんでもいい!なのは理解します。女の子の谷間見ただけで勃起するなんて、もはや普通に生活できるのか?と可哀想に思ってしまいます。

 

だけど、あなたいくつ?

 

10代の男の子が射精したいのは「生理的欲求」に近いけど、ある程度経験を重ねればそれは「性的欲求」に変わります。性的欲求をひとりで満たすこともできるけど、でもふたりで満たせるならそれに勝ることはないですよね。

 

ってことは、相手がいて成り立つ問題なんですよ。

 

まずは自分の欲を抑えて相手に快楽を与えること。それから、その快楽を倍にして返してくれる女の子と付き合うこと。

 

「セックスすれば話さなくても分かり合えることがある」っていうのは、セックス自体が思いやりで成り立つものだからです。それを自分がイきたいだけの時間にされたら、どんなにテクニックがあってもどんなに大きくても、ヘタクソになってしまうわけです。

 

そういうことをプレイ中にぶつけられる女の子はいないので、どうぞプロのお姉さん方に怒られてきてください。彼女たちは社会的には良く思われない仕事をしてるんだろうけど、男の人のことはどこの女よりも理解してるからね。

 

結果、見返りを求めない優しさを持ってる男こそ正義

 

「いい男」の最高条件は「見返りを求めない優しさ」を持っていることでしょう。だけど、ひとつだけ注意してほしいことがあります。見返りを求めない優しさは時に「いい人」で終わってしまう可能性があるんですよね。これに悩んでる人、結構多いんです。

 

漫画とかでも底なしに優しい男子より、わがままで女の子を振り回す男子の方がモテたりする。意味分からないじゃないですか。

 

優しくされたいけど、優しいだけも嫌だ。

 

女って面倒くせえ。

 

でも、最終的には底なしに優しい男子が勝るんですよ。

 

恋愛するには気分屋の男の人の方が刺激的な日々を送れる。泣いたり笑ったり振り幅が大きい方が、恋愛としては楽しいものです。

 

けど、結婚は?そう考えたら、見返りを求めない優しさを持つ男の人が正義だって分かるでしょう。

 

既婚男性がやたらモテるのは、奥さんという女性を通じて女の人の扱いを熟知しているからなんですよ。「追うことはないけど去ることもない」のは女にとって辛いもので、リードを引かれたと思ったら手放されたり、気分屋の男の人と付き合ってるのと同じで恋愛だから楽しいんですよね。

 

でも既婚男性にとっても、奥さんと遊び相手は違う。これは女の人からしてもそうで、旦那さんと遊び相手には違う感情がある。

 

セックスしたいだけなら、その瞬間だけ愛してあげればいい。思ってもないことを口にして、自分の快楽のために相手を導くことはいくらだってできるんだから。でもセックスの先に求めてるものがあるなら、笑って優しくしてあげればいい。その見返りがなくても、返ってくるまでに時間がかかっても、ただ優しくしてあげたらいい。

 

たとえ彼女がそれを見ていなくても、その姿を見ている人は必ずいるから。

 

結局最後に幸せになるのは、愛と思いやりを知ってる人。セックスしてもしなくても、何歳になっても、その気持ちを忘れなければ「モテない」時代は絶対に来ない。

 

 

嫌われたくないんじゃなくて、好かれようと思うな

 

キャバクラ嬢でした、ナンバーワンでした、セックスした相手は星の数ほど…。

 

それでも、お客さん全員に好かれていたわけではありません。ネットは誹謗中傷の嵐だし「あいつが出勤する日は店に行かない」と書かれていたこともしばしばありました。

 

まあそこで気にしなきゃいけないことすら気にしないのが、私らしいというか。図太いんでしょうね。

 

自分に自信のない男の人は(女の人もか)、嫌われないように努力します。容姿も内面も「嫌われないために」努力してる。

 

はっきり言うけど、そんなの無駄だよ。

 

清潔感がなくてどこから見てもブスで、更に年収もクソ。それでも銀座のナンバーワンと結婚した人もいるし、かといって美人で文句のつけようがないのにいつも「いい男いないかな」って言ってる人もいる。

 

美人かブスかの判断は個人の価値観だし、年収や肩書きも個人の価値観でしかない。嫌われたくないと努力した結果の「いい人」は、「好かれるいい人」じゃなくて「都合のいい人」だからね。

 

嫌われたっていいじゃん。

世界中、全員が敵になっても、全員倒したらアイアムレジェンドじゃん!

 

ぐらいの気持ちでいれば、絶対にあなただけを好きになってくれる人がいる。開き直りと投げやりになることはあまり好きじゃないけど、仕方ないことと諦めることは全く違うからね。

 

嫌われたくないのは自分を守るため。相手のことを思いやれる人は、保身に走ったりしない。

 

最近男と女以外にもたくさんの性別があるけど、ベースは男と女しかないからね。精神的な性別は置いといて、みんな仲良く楽しくやりましょう。