人生の曲がり角

フェミニスト(一部)に女性として言いたいこと

あけましておめでとうございます。今年も変わらず、私らしくありたいと思います。

 

さて、最近なにかにつけて「権利」を主張する方を、たくさん見かけるようになりました。主張する権利は誰にでもありますし、自身の意見を述べることは正しいことだと思います。

 

が、女性の権利を訴えている方たちに、女性として言いたいことがあるのです。

 

あくまでも全員ではなく、一部の方へ向けた私からの意見です。女性の権利の中には賛同できるものもあり、改善してほしいと願う部分もあります。

 

ですが、勘違いブスに限って、ピーピー騒いでる気がするんですよね。

 

f:id:Stella-Lee:20190108091231j:plain

 

*本日のブログでは、性被害に遭ったことやアダルトな表現、汚い言葉を多用しています。ご気分を害される可能性のある方は、ここで読むのをやめることを推奨しておきます。

 

痴漢にレイプに拉致、ストーカーに下着泥棒とあらゆる性犯罪を経験した

 

f:id:Stella-Lee:20190108133040j:plain

 

そういう星の元にでも生まれてきたのかと思うほど、幼い頃から性犯罪に遭うことが多かったです。痴漢には二度遭い、レイプにストーカーに下着泥棒と、性犯罪と呼ばれるものは一通り経験してきました。

 

初めて性犯罪に遭ったのは、5歳の頃だったでしょうか。

 

幼稚園の帰りに母と妹とスーパーへ行き、トイレに行きたいと言った私に、母は「入り口で待っているから、一人で行ってきなさい。」と言いました。

 

トイレの入り口で母と妹が待ち、私は一人でトイレへ入りました。中の個室で男性が待ち伏せしていたのですが、私はそれに気付かず、ドアを閉めるのが怖くて、開けっ放しにしておしっこをしていました。

 

すると男性が私のところへやってきて、ニコニコしながら鍵を閉め、「よく見せて」とおしっこしているところをジッと見られました。

 

続いて男性は下半身を露出させ、「握って」と言って男性器を出してきたのです。なんのことだか分からない私は、言われるがまま男性器をニギニギすると、「お母さんには言っちゃだめだよ」と言われ、男性はその場から立ち去りました。

 

律儀な私は今でも言われたことを守り、母はそのことを現在も知りません。

 

小学生になってすぐに、ホームセンターで男性二人に拉致されました。車の中で乱暴される寸前で、祖母と警備員の方が助けに来てくれました。

 

*子どもから目を離すなという意見も重々承知ですが、母と祖母には、何の罪もないと思っています。昔から落ち着きのない子どもでしたし、責める相手が違うのではないでしょうか。

 

高校生のときにはレイプと痴漢に遭い、社会人になってからはストーカーに下着泥棒、そしてまた痴漢に遭ったのです。

 

これから話すことは、それらを踏まえた上で聞いて頂けると幸いです

 

ああでもないこうでもないと噛み付かれるのは癪に障るので、先に、私がなにも知らないわけではないことをお伝えしておきます。

 

その上で、これから話すことを耳に入れて頂けると幸いです。

 

それでも私は絶対に、女性専用車には乗らない

 

f:id:Stella-Lee:20190108133358j:plain

 

これだけ幾多の性犯罪に遭っておきながら、私は絶対に女性専用車には乗りません。

 

過去に二度も痴漢に遭っていますが、どちらも警察には届け出ませんでした。駅員さんに引き渡すこともなく、その場を離れています。

 

痴漢した男性を電車から引きずり下ろし、身分証と彼らの顔を携帯で撮影しこう告げました。

 

「今ここで私が大きな声で叫ぶか、会社に電話するか、二度としないと土下座するか、どれか選んでいいよ。」

 

男性は二人とも土下座することを選び、朝の南浦和駅新宿駅で、女相手にサラリーマンが土下座して謝ったのです。一人は横柄な態度を取っていたので、頭に来て顔面を爪先で蹴り上げました。出血していましたが、死にはしないのでいいでしょう。

 

「私刑」という言葉があります。刑法に則った罰し方ではなく、個人が個人的に相手に制裁を加えることです。

 

私はこの私刑をアリだと思っていて、時に警察はあてにはならないことも、過去の性被害によって学んでいます。警察に突き出すよりも、恥をかかせ、心に深い傷を負わせる方が、私にとっては満足のいく罰し方なのです。

 

ちなみにですが、彼らの個人情報は今でも持っています。それは彼らにも伝えてあり、「いつかバラされると思いながら生きなよ」と、言い捨ててその場を去りました。

 

私がそれでも女性専用車に乗らない理由は、痴漢に遭うことよりも、女性専用車に乗っている女性が好きではないことが大きく関係しています。以下が、主な理由です。

 

臭いし、ピリピリしてるし、何より勘違いブスの塊

 

*様々な事情があって、男性と狭い空間に一緒にいられない女性がいることは充分に理解しています。彼女たちを批判するつもりはありません。私が言っている「女性」は、自意識過剰の「ブス」のことです。

 

女性専用車は私からすると、とにかく臭いです。デパートのコスメコーナーと香水屋さん、そしておばあちゃんちの匂いが混じった香りが充満しています。そんなカオスな香りが、車両という狭い空間の中に漂っているのです。考えただけでも吐きそうで、とにもかくにもあの匂いが苦手です。

 

そして朝は絶対に、男性よりも女性の方がイライラしています。生理前か更年期か知りませんが、顔を見ただけでイライラしているのが分かります。上や下を見て今にも悟りを開きそうな男性とは対照的に、女性は少し体が当たっただけで相手を睨み付け、すぐに悲劇のヒロインぶるのです。

 

おいババア、座りたいのも体がくっついて不快なのも、てめえだけじゃねえんだよ。そんな顔してるから、旦那も抱く気がなくなるんじゃねえの?まじでブスだよ。心がな!

 

と吐き捨てたい気持ちをグッと堪え、隣で悟りを開きかけているサラリーマンを見て、今日も頑張ろうと思うのです。

 

男女混合車両では時々、口が臭い人の近くに当たるくらいで、これといった匂いはしません。目的地や混み具合によって臨機応変に場所を移動し、車内では悟りを開きかけている人ばかりです。

 

まさに「無」の状態なわけですが、臭くてピリピリしている女性専用車両に乗るより、痴漢のリスクを冒してでも男女混合車両に乗る方が、私にとっては快適なのです。その場に居合わせた男性には気を遣わせて申し訳ないのですが、女性専用車両は負の塊だと思っています。

 

二度目の痴漢以降、私は「やれるもんならやってみろよ」のスタンスで、電車に乗っています。殺気が出ているのかもしれませんが、そのスタンスでいると不思議と痴漢に遭うことはなくなりました。

 

姑息な手段を使ってしか女性と接することができず、性的欲求を正しい方法で解消できない、オツムの弱い可哀想な人が痴漢をすると思っています。そんな彼らに、殺気の出ている女を犯す勇気も根性もあるわけがありません。

 

もしも痴漢されたら、線路に落としてしまいましょう。痴漢は人の心を殺す行為です。身体的であっても精神的であっても、殺人をしているのと何ら変わりないと思います。

 

突き落とすだけなら力は必要ありませんし、ふくらはぎを後ろから思いきり蹴れば崩れ落ちるので、覚えておいてくださいね。その前に股間を思いきり蹴り上げて、再起不能にするのもアリですよね。

 

そんなことを考えながら電車に乗っていれば、絶対に痴漢には遭いません。断言します。

 

相手も女性を選んでいますから、目が合ったら殺すぞと思っていればいいのです。

 

男女平等ではなく、女を敬え!と聞こえる節がある

 

f:id:Stella-Lee:20190108133711j:plain

 

私は女だからと気を遣われることが嫌いですし、どんな時もスタートラインは男性と同じ場所を選びます。同じルールの中で戦うことに意味があり、そこに性差はないというのが個人的な意見です。

 

もしも仮に同じ場所からスタートして差が出るんだとしたら、それは性差ではなく能力の問題ではないでしょうか。誰かや何かのせいにして逃げるのは楽ですが、自分を蔑ろにしていることに気付いた方がいいですよ。

 

*医学部が意図的に女性受験者を落としていたことや、女性だからと劣っている見方をする人や組織があることは理解しています。それらについて、性差の問題ではないと言うつもりはありません。何度も言いますが、私が言いたいのは「勘違いブス」です。

 

私の母は離婚後、41歳で大手運送会社に事務員として入社しました。女性事務員の中で唯一の正社員であり、事務課の中では最も長く勤めています。

 

そんな母は昨年、課長に昇進しました。現在8人の男性社員と2人の女性パート、そして障がいのある方を1人まとめる立場にあります。

 

母も言いたいことは言うタイプです。

 

クビにできるもんならしてみろよ!と食ってかかり、やることはやっているし、私はなにも間違っていないと、至極真っ当なことをズバズバと口に出します。そのおかげか、最近は男性社員たちから「鬼ババア」と呼ばれているそうです。

 

悪口にも聞こえますが、母は男性社員からそう呼ばれることを、嬉しそうに話していました。遠慮も気遣いもないコミュニケーションが取れる職場を、母は自分で作り上げ、居心地の良さを自分で決めているのです。

 

職場の方が母を愛し大切にしてくれていることは、娘にも伝わってきます。仕事仲間でありながらプライベートの相談も遠慮なくできるような関係を、母も他の社員たちも、大事にしているようです。

 

ですが、入社当時からそうではありませんでした。

 

運送会社は圧倒的に男性優位の業界であり、人数的にも女性はまだまだ少ないのです。入社当時は娘として、何度も辞めたらどうかと提案しました。憂鬱な顔をして帰ってきては、行きたくないと言いながら仕事に行く母を見ているのは、とても辛かったです。

 

でも母は、いつもこう言っていました。

 

「与えられた場所で咲くしかない。ここで辞めたら、自分に負けたことになる。だから今日も会社へ行くし、やることをやって、間違っていることは間違っていると言い続けるのよ。」

 

そうして11年も戦い続けた結果、母は昨年ようやく自分の居場所を確立させたのです。

 

母は普通科の高校を出ただけで、持っている資格は車の免許くらいです。手に職があるわけでもなく、母曰く「誰にでもできる仕事」をしています。

 

女性の権利を訴える方の中には、何かにつけて男性のせいにする方がいます。確かに社会全体が男性優位であることは感じますし、女性だからと中途半端な対応をされることもあります。

 

でも、だからなんですか?

 

母に特別な能力はありませんし、あるのは根性とやかましい口だけです。ですが、その結果、間違いではなかった証拠に課長という肩書きを手に入れたのです。

 

男性社員が母を敬い、慕ってくれていることは感じています。母との会話の中でも、他の社員を思いやる言葉が出てきますし、何かにつけて職場の社員の話をしてきます。

 

男性だとか女性だとかの前に、人は尊敬に値する人物に付いていくものです。そこに性差は絶対に、関係ありません。

 

男性のせいにする前に、あなたは人として尊敬されるような人間なのでしょうか?

 

むしろ女性であることを言い訳にして、人としての尊厳を冒していませんか?

 

あなたの言っていることは、男女平等ではなく、女尊男卑だと感じますよ。

 

女を敬え!男は下劣な生き物だ!というのは、男尊女卑と同じです。

 

あなたの一番嫌なものと同じことをしていては、何の意味もないんじゃないでしょうか?

 

実際は、男性の方が弱い生き物であることを知れ

 

f:id:Stella-Lee:20190108133902j:plain

 

男性は、とても弱い生き物だと思います。身体的にではなく、精神的にです。妻が先に亡くなると、ほとんどの夫はすぐに死にます。ですが、夫が先立っても、老い先を楽しむ妻が多いのは、それが理由でしょう。

 

幾多のダメ男と付き合い、幾多の性被害に遭い、人間のオスは動物界の中でもかなり弱い部類に入るのではと感じています。メンタルが豆腐ですし、草食系と呼ばれるような男性は、自然界で生き残ることはほぼ不可能です。

 

女性の方が根性があり、ここぞというときの決断力もあるように感じます。潔さや後を引かないことは、恋愛で特によく見られるパターンです。

 

確かに身体的には男性の方が強いです。この社会においても、男性の方が優位であることは間違いありません。

 

でも仕方ないじゃないですか。

 

この世のこの時代に生まれてしまった以上、この世界で生きる他にありません。それが嫌なら、死ぬという選択もできるのです。自殺はあまり良いこととされていませんが、何も禁止されているわけではありませんよ。

 

死ぬ勇気もなく、正面切って戦う根性もなく、何かにつけて男性のせいにしては、私は可哀想だと吹聴して回る。

 

そんな女を、誰が抱きたいと思うんですかね?

 

ああ、このババア、久しくセックスしてないんだろうな

 

と、すぐに分かります。でもそんな女に限って、挿れられたらすぐに喘いじゃうアバズレなことも分かります。だからこそ、誰も相手にしないんですよ。男性だってアバズレを抱くより、良い女を抱きたいものです。

 

精神的にはずっと、女性の方が優位です。精神年齢は絶対に女性の方が上ですし、いくつになってもピーターパンのような男性ばかりです。

 

それでいいじゃないですか。

 

クソジジイに何を言われても、女に相手にされないから八つ当たりしてるんだなと思っていればいいんですよ。さらっと風俗に行くことを促してみて、それがなんちゃらハラスメントだと言われるのなら、そんなときこそ「女の権利」を利用して、地獄に突き落としてやればいいんです。

 

悪いですけど、女性が男性の職を奪うことは簡単にできます。社会的信用をなくし、家族も友達も奪うことは、簡単なんですよ。それが女性だけにある権利であり、守られた立場である証拠です。

 

私の妹はセクハラをされて、退職しています。妹の話しか聞いていないので適当なことは言えませんが、私だったら絶対に辞めません。辞めないことでこちらの意思を示し、そして裏でしっかりと根回しをして(女の権利は使いようで、いくらでも、どうにでもなります。)制裁を加えるのです。

 

女性の方がずる賢く、男性からすれば、その賢さは恐怖です。復讐は女性の方が執拗で、身体的ダメージではなく精神的ダメージを与えるのが得意です。

 

殺してしまえば、それで終わりです。

 

ですが、生かした上で傷付ける方が、よっぽど面白いじゃないですか。

 

被害に遭ったこともないくせに、被害者面してんじゃねえよ

 

f:id:Stella-Lee:20190108170421j:plain


 

勘違いブスに言いたいのは、この一言です。

 

どんどんかかってきてください。私が今までどんな性犯罪に巻き込まれてきたか、いくらでも話しますよ。

 

女性の権利を訴える方の中には、実際に被害に遭われた方もいます。女性とは言えみんながみんな、私や母のように強いわけではありません。そんな方たちが身を守るために主張することは、何も間違っていません。至極当然のことであり、全員が強いわけではない以上、身を守るために必要なことは認められるべきです。

 

ですが、女を敬え!男は下劣な生き物だ!と言っている勘違いブスは、性犯罪に遭ったことなどないでしょうね。被害に遭ったこともないくせに被害者面するというのは、ただの痛いババアでしかないのですが、その辺の自覚はあるのでしょうか。

 

私は何度も性犯罪に遭い、全身20箇所以上を骨折させるようなDV男と付き合い、働かないヒモ男を何人も養い、もはやロクでもない男のために生きているのかと思いますが、それでも男性は愛すべき存在だと思っています。

 

なぜか。

 

男は弱い生き物だから。

 

強い生き物であれば、弱いものをいじめる必要などないことを知っています。そんなことすら分からず、自分より弱いものを狙って欲を満たそうとしているのです。

 

滑稽で、下劣で、クソみたいな生き物ですよね。

 

だから労ってヨイショして、腹の中ではなにを思っていても、ニコニコおだててあげればいいのです。そんなクソみたいな生き物は、褒められれば調子に乗って、もっと頑張っちゃうんですよ。それらを逆手に取って、手のひらで転がしたらいいんです。

 

賢さは、勉強ができることだけではありません。ずる賢いと言われても、自分が生きやすくなるために賢さを利用することは、間違いではありませんよ。

 

被害に遭った人は被害を乗り越えて、より強くたくましく良い女になるのです。そんな良い女を、良い男が放っておくはずないんですよ。

 

それをブー垂れているだけの勘違いブスに、分かったような顔をされるのはたまったもんじゃありません。

 

相手にされないから、その腹いせに男性を悪く言っているのでしょうか?

 

だとしたら、女性としての魅力が増す努力を、まずはするべきではありませんか?

 

それが分からないから、ブスなんですよ。顔も心も。

 

そんな女には、お金をもらっても勃起しないでしょうね。気持ち悪い顔して喘ぐんだろうなと想像できる女に、なにを言われたところで、男性からしても「うるせえな、黙ってろよ」って感じだと思いますよ。

 

女性の権利なんてどうでもいいから、母親の権利を大切にして

 

f:id:Stella-Lee:20190108170520j:plain


 

正直、女性の権利なんて興味もなければどうでもいいです。この社会で生きるしかない以上、喚き散らすより結果を提示する方が、早く解決することを知っているからです。

 

ですが、母親としての権利はもっと主張してもいいのではと思います。

 

私に子どもはいません。産んだことも育てたこともないので、ここから先、間違ったことを言っていたら遠慮なくご指摘ください。

 

女性は一度妊娠すると、10ヶ月は他の男性の子どもを身ごもることはできません。しかし男性はその10ヶ月の間に、何人でも女性を妊娠させることができます。

 

この時点で、母親と父親が平等であるというのは不可能ではないでしょうか。負うものが違いすぎると感じます。その点においてもっと話し合いが持たれるべきであり、それらを踏まえた上で、女性の社会進出や少子化対策をするべきだと思います。

 

女性の権利と言いながら、母親の権利を訴えている方がいます。個人的には、女性と母親を混同するべきではないと思うのです。

 

今はほとんどの家庭が共働きで、やれる人がやれることをやる、という家事分担も当たり前になってきました。そんな世の中で女性ではなく母親が、生きやすくなるための権利はもっとあっていいと思います。

 

電車にベビーカーが乗ってくると、嫌悪感丸出しの方がたくさんいますよね。子どもが泣けば眉間にしわを寄せて、明からさまな態度を示す方もいます。でもそれは、大きな間違いだと思います。

 

公共の場で大人が泣き叫べばただの頭がおかしい人になりますが、なにも知らない子どもは泣き叫ぶことでしか意思を伝えられないのです。泣き叫ぶ子どもを見て、母親は必死に意思を汲み取ろうとします。それらを迷惑だと感じるのは、人としておかしいと思うんですよ。

 

だからJRさん、本気で、子どもと親だけの車両を作ってあげてください。申し訳なさそうにしているお母さんたちが、あまりにも可哀想だと思います。悪いことをしているわけではないのに、周りを気にして自分の子どもに冷たく当たるのは、親として自己嫌悪に陥る可能性もあることなのです。

 

泣きたいんだから、泣けばいいじゃないですか。笑いたいんだから笑って、叫びたいから叫んで、走り回りたいから走り回っているだけです。

 

それらをしていい場所としてはいけない場所があることを、親として教えられない親は論外です。が、感情を表現することになんの罪もありません。ましてそれが生まれて数ヶ月であれば、善悪の判断がつかないのは当然のことです。

 

どうして子どもが泣いただけで、うるさくしてごめんなさいと謝る必要があるのでしょうか。大人だって泣けば嗚咽の声でうるさいですし、泣こうが笑おうが、何したって他人からすればうるさいんですよ。

 

謝る必要はないし、どうか堂々としていてください。私のような人ばかりではないかもしれませんが、多くの人は子どもだからと理解しています。困っていれば助けますし、いつだって遠慮なく人を頼っていいんです。

 

その権利が母親にはあり、そして子どもにもあります。それを女性の権利と混同するのは、間違いです。母親と子どもは社会全体で守るべき存在であり、大切にしなければいけません。

 

だって私の年金生活を支える大切な未来ですからね…グフフ。

 

というのは冗談ですが、これから最後に、弱いものいじめについてバッサリ書いて終わります。

 

結局勘違いブスは、弱いものいじめをされたと騒いでいるだけ

 

f:id:Stella-Lee:20190108134247j:plain

 

はい、勘違いブスの皆さん。

 

はっきり言いますが、あなたは弱いものではありません。社会全体で守るだけの価値もない、勘違いブスであることを自覚してください。

 

一人で騒いで一人で自爆して、いつまでも私は可哀想と言っていればいいんですよ。

 

本当に弱いものというのは、声をあげられないもののことを指します。子どもや犬猫などの動物、自然環境や、力の差で恐怖を感じさせられた女性たちです。(もちろん傷付けられた男性もです。)

 

はい、もう一度言いますね。

 

力の差で恐怖を感じさせられた女性の中に、お前は含まれてねえから。

 

弱いものいじめは、絶対に許してはいけないと思います。

 

私が保護犬ボランティアを始めようと思ったきっかけは、犬に対する暴力がきっかけでした。口がきけない犬に対してしつけと言いながら暴力を振るうことは、人として愚かであり許しがたい行為であったからです。

 

絶対に勝てると分かっている相手に対して、力の差を見せつけて何が面白いんでしょうか。勝てるのは目に見えているのに、わざわざ勝負に挑む意味が分かりません。

 

私はピットブルという、世界で一番人を殺したと言われている犬を飼っていました。彼らは闘犬として生まれ、現在も多くの子が戦いを強いられています。人間の子どもくらいなら簡単に噛み殺せるので、しつけには多少暴力を用いている方もいます。

 

ですが、所詮は犬です。人が殺すのなんて簡単なんですよ。

 

所詮は犬でも、感情があります。理解できるだけの脳みそを持っていて、学習能力があります。人と同じ感情を持つ、人と同じ動物です。

 

目を見て話し意思を伝える努力もせずに、いきなりぶん殴っては、相手だってそんな奴の言うことなど聞きたくもありません。

 

弱いものいじめは、弱い奴のすることです。弱いものをいじめることによって、自分が相手より弱いことを示しているのです。ですが彼らは、そのことを分かっていません。

 

なんて滑稽な、可哀想な人たちですよね。

 

そんな彼らを叩くだけの時間は無駄なので、この社会から爪弾きにしてやればいいんですよ。

 

私は保護犬ボランティアをしていたとき、暴力を用いてしつけを行なっていた飼い主からは、問答無用で犬を引き取っていました。言い訳など聞く気にもならず、口より先に手が出るオツムの弱い奴に、改善の余地など与える必要はありません。

 

子どもに暴力を振るう親も、女に手をあげる男も、男に手をあげる女も、同じです。更生の機会も改善の余地も、与える必要はありません。元々の脳みそが弱いんですから、そういう人たちはそういう人たち同士で、悲劇のヒロインごっこをしていればいいのです。

 

その場所が、刑務所ではないでしょうか。

 

私は死刑に賛成です。人の痛みが分からない奴を野放しにされては困ります。生かしておいてはいけない「神様が失敗しちゃった人間」を、正しい方法で処理してなにが悪いんでしょうか。

 

それが間違いだというのなら、その人たちによって傷付けられた、傷付けられるであろう人間に対して、なんと説明するのでしょうか?

 

誰しもに生きる権利があり、自由があります。主張するのも意見を述べるのも、この国では自由です。ですが、人としての尊厳を侵してはいけないと分からない、脳みそがダニより無意味な働きしかしない失敗作に、なにを期待するのですか?

 

どうせ自分がされたら死刑にしろと騒ぐくせに、他人事だからと死刑は反対だなんて、これまた頭に虫でも湧いているのでしょうか。

 

強くたくましく、今日も女として生きてやれ

 

f:id:Stella-Lee:20190108134143j:plain

 

今まで女を理由に嫌な思いもしてきましたし、性別に関わらず、人の嫌な面はたくさん見てきました。それでも私は、生まれ変わるならまた女性になりたいです。 

 

我ながら恐ろしいほどポジティブなので、たくさんの男性に犯したいと思われるだけ、性的魅力に溢れた女なんだろうと思っています。メスとしては喜ばしいことですし、相手にされないよりよっぽど幸せです。

 

*そうは思えない被害者の方がいるのも、分かっています。私もこんなことを言っておきながら、暗い気持ちになる日もあるのです。でも物は考えようですし、あまりいい世界ではなくても、悪い人ばかりでもないんですよ。

 

私は今この与えられた場所で、必ず咲いてみせます。性別を言い訳にはしませんし、その中で害を被ることがあったとしても、この場所を選んだ自分にも責任があります。

 

正々堂々と戦いを挑み、負けたら自分を省みる。

 

その環境の中で生きているのは私だけではありません。この世の女性全員が、同じなのです。

 

可哀想と思われたり、遠慮をされるのは癪に障ります。気遣いなど不要で、同情するならお年玉100万円をもらえた方が、よっぽど助かります。

 

強くたくましく、かっこいい女でいようじゃないですか。

 

女を敬え!と言うより、敬いたくなるような女でいたいものですね。